アトラクション 東京ディズニーリゾート

SNS上で激怒するゲストが続出! スタンバイパスの対象アトラクションが2020年12月22日(火)より2施設から13施設に拡大へ

18/12/2020

東京ディズニーリゾートのオフィシャルSNS(Twitter)アカウントにて、スタンバイパスの対象となるアトラクションの数が増えたことをアナウンスしました。

実際の適用は2020年12月22日(火)からとなります。

クリスマスから年末に向けた混雑回避のための施策なのでしょうが、SNS上ではスタンバイパスの対象となるアトラクションが増えることについて、顧客満足度の向上からおおよそ乖離しているとのことで、非難轟々となっております。

スタンバイパスの対象アトラクションが2020年12月22日(火)より2施設から13施設に拡大へ

下記が対象のアトラクションになります。

東京ディズニーランド

  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • プーさんのハニーハント
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

東京ディズニーシー

  • タートル・トークタワー・オブ・テラー
  • インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • マジックランプシアター
  • センター・オブ・ジ・アース

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」と「トイ・ストーリー・マニア!」は既に対象となっておりますが、今回の対象拡大により、両パーク通じて13のアトラクションでスタンバイパスが適用されます。

改めて、スタンバイパスですが、これは下の記事を参考に見て頂けると幸いです。

TDL新エリアがついにオープン! 変わるルールと攻略法も一気に紹介! 20200917 OLC プレスリリース「東京ディズニーランド® 大規模開発エリアが 9月28日(月)にオープン決定 ―当面の間、各施設の利用人数を制限して運営― 」

かねてから噂の立っていた東京ディズニーランドの「ニューファンタジーランド」を含む新エリアのグラウンドオープン日について、そのスケジュールが公式に出ました。 2020年9月28日(月)に正式なスタートと ...

スタンバイパス=決まった時間(抽選による選択肢あり)に待機列に並ぶ権利の獲得

【公式】スタンバイパス|便利なサービス|よくあるご質問|東京ディズニーリゾート

なお、上のリンク内にある「【公式】スタンバイパスとファストパスとの違いは何ですか?|便利なサービス|よくあるご質問|東京ディズニーリゾート」という設問に対する回答もぜひ確認してみてください。

<2020年9月23日より>
★スタンバイパス取得後、指定された利用開始時間を過ぎるまで、つぎの施設のスタンバイパスを取得することはできません。
<2020年12月22日より>
★「指定された利用開始時間」を過ぎなくても、スタンバイパスに記載された「次回取得可能時間」になれば、つぎの施設のスタンバイパスを取得することが可能になります。

あくまでもTDR公式アプリでの運用ということで、各自ご確認をお願いします。

スタンバイパス対象アトラクションの拡大と「各施設につき、1グループ1日1回のみ」ルールにファンは非難轟々

「各施設につき、1グループ1日1回のみ」というのは2020年9月23日のTDL新エリアのオープンの際に周知されていたルールなのですが、今回改めてスタンバイパス対象アトラクションの拡大がきっかけで、公式アカウントに対して、非難・苦情のリプライが相次ぐなど炎上しております。

まとめサイトのようになってしまいましたが、多くの方が今回の施策に対して強い憤りを感じていることが伺えます。

筆者の見解

東京都内での新型コロナウィルス感染者が800名を超えるアナウンスもあり、「密」を避けるためにあえて人気のアトラクションを中心にスタンバイパスを拡大適用させた点はやむを得ないものと考えます。

とは言いながらも、スタンバイパスやエントリー受付が全く当たらないとなると、公平感という意味では、かなりの違和感を覚えるのは事実です。

お目当てのアトラクションに乗れなかった時の悲しみ、ショックは計り知れないものがありますが、現時点でのこの新型コロナウィルス感染症の猛威を考えると、引き続き我慢しなくてはいけない状況にあると認識しております。

株式会社オリエンタルランドのみなさんは、上にご紹介したような意見は当然出るものという見解で、想定の範囲内なのでしょうが、今後はこの不公平感の解消をどういう取り組みでゲストに提供していくのか、考えるべきでしょう。

新型コロナウィルス感染症の影響で強いストレスを覚える方も多い時代です。

だからこそ、癒しや潤いを与える存在として多くの方が注目するからこその、強い非難・苦情も生まれるのだろうと考えます。

Go Toトラベルの一時中止も決して経営的には良い話しではありません。

厳しい状況下での経営に変わりはないでしょうが、USJをはじめとする他のテーマパークと比較して、OLCの今の現状に色々な不満を抱える方が多いことも伺える昨今のSNSですが、不平や不満が多いと顧客満足度も大きく低減しますので、想定外の客離れは避けたいところ、経営陣は注意が必要です。

しかし、使いようによっては便利な仕組みであることも事実です。

あまり待たずに済むという点では、便利と考えますし、空き時間をうまく使って買い物が出来たり他のアトラクションに乗ることで、まだ知らないTDRの魅力に触れてみるというところをOLCはもっとゲストに対してアピールしてみてはいかがでしょうか。

パークの施設(新規施設を含む)で導入する予約の概要と利用方法について (東京ディズニーリゾート公式HP)

さて、関東近辺寒波が襲来し、降雪もみられます。

これからクリスマス〜年末年始に東京ディズニーリゾートにお見えになる方は、しっかり着込むだけではなく、貼るカイロを多めに持ち歩くなど、寒波対策を練ってください。

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個 (14時間持つとのことです)

東京ディズニーランド 行くまえに! 知っとくガイド2021 (Disney in Pocket) 単行本

-アトラクション, 東京ディズニーリゾート

error: Content is protected !!