労働問題 東京ディズニーリゾート 株式会社オリエンタルランド

「社員の一時帰休」「役員報酬自主返納」も 20200508 OLCプレスリリース 東京ディズニーランド® / 東京ディズニーシー® 臨時休園期間の延長および今後の対応について

08/05/2020

新型コロナウイルスの影響による東京ディズニーリゾートの臨時休園期間が引き続き延長となります。

緊急事態宣言の延長による政府、自治体からの休業養成を受け、本日5月8日に株式会社オリエンタルランドからプレスリリース「東京ディズニーランド® / 東京ディズニーシー® 臨時休園期間の延長および今後の対応について」が発行されました。

「社員の一時帰休」「役員報酬自主返納」も記載されている今回のプレスリリースですが、再開の目処は未定とのことです。

まだまだ先の見えない状況が続きます。

東京ディズニーランド® / 東京ディズニーシー® 臨時休園期間の延長および今後の対応について

『今後は政府、自治体の要請が解かれた段階で再開時期を判断』と書いてありますので、緊急事態宣言が続くであろう5月31日まではこのまま。すなわち春のイベントは全て幕を開けることなく、夏以降のシーズンイベントを経験することになるのでしょう。

また、ニューファンタジーランドのお披露目についても改めてリリースが出る模様です。

社員の一時帰休と役員報酬の自主返納について

今回のプレスリリースでは社員の一時帰休についても触れられています。

  1. 対象者・・・社員、嘱託社員、テーマパークオペレーション社員 約 5,400 名
  2. 実施方法・・・勤務日数のうち月4日を休業日とし、休業日については賃金の一部を支給する
  3. 実施期間・・・2020年5月18日(月)からパーク再開まで

賃金補償も明記されています。

また役員報酬の自主返納も記載があり、休園が続く限りは自主返納も続くようです。

株主対策なのでしょうが、とても大変なことだと思われます。

またディズニーホテルも継続して臨時休業が継続される旨、アナウンスされました。

下記にプレスリリースをまとめました。

 

いずれにしても経営的には厳しい時期ですが、なんとか持ちこたえてほしい限りです。

そして、今はまたパークで楽しいひと時を過ごせるよう、自宅でおとなしく過ごすことにしましょう。

東京ディズニーリゾートベストガイド 2020-2021 (Disney in Pocket)

-労働問題, 東京ディズニーリゾート, 株式会社オリエンタルランド

error: Content is protected !!