労働問題 株式会社オリエンタルランド

「なのはなユニオン」がキャストの臨時休園中の休業手当を求め要請書を提出

03/19/2020

労働に関する話題です。

猛威を振るう新型コロナウイルス感染症による東京ディズニーリゾートの休園を受けて、臨時休園中の休業手当を求め本日19日に株式会社オリエンタルランドの本社にて要請書を提出しました。

ブラック企業とも揶揄される株式会社オリエンタルランドですが、この要請書を受けてどう動くのか、興味の増すところであります。

「なのはなユニオン」がキャストの臨時休園中の休業手当を求め要請書を提出

以下、経緯をまとめておきます。

「全額保証」が大きなポイントのようです。

『OLCが手当を除いた基本時給のみで6割支給を試算している根拠は何でしょうか?そもそも、千葉県の最低賃金(923円)に張り付いているOLCの時給の6割のみで6割保証を試算すると、税金▪保険料を引かれたら手取りは5万になるかならないかです。ユニオンには生活出来ないと相談が寄せられています。』

という事自体相当な話しです。

手取り5万円で何ができるのか、家賃も払えませんし、食事もままなりません。

これでゲストにハピネスを届けられるのか、という疑問は確実に湧き上がります。

当サイトでは過去にも株式会社オリエンタルランドとキャストをめぐる労働関連の話題を取り上げたことがあります。

ディズニーキャストに労災認定・OLCサイドは明快な謝罪をせず

OLCはいつまで低賃金重労働をキャストに強いるのか

今後の株式会社オリエンタルランドの対応に注目したいところですが、まだまだ先の見えない新型コロナウイルス。

長きにわたる臨時休園は経営の逼迫も懸念されますが、過去にはこんなTweetも。

これを見る限りでは、キャストの給与も6ヶ月分は確保しているので、休業補償の給付に問題がなさそうに見えます。

しかし、正規社員のみに優遇される措置であれば、場合によっては人権侵害なので「なのはなユニオン」も戦い甲斐があると思います。

いずれにしてもこういう事態が長引くことは良くないことです。

早期の妥結、そして何よりも新型コロナウイルスの拡大が一刻も早く止むことを祈るばかりです。

-労働問題, 株式会社オリエンタルランド

© 2020 Fantasmickey!